1203474568.jpg


相変わらず雪が降ったりやんだりの金沢
ここはどうしても気になっていた  東茶屋街

江戸時代からそのまま残っているお茶屋さんがあったりとにかく
雰囲気は抜群!

1203474627.jpg


お腹もすいたということで向かったのが照葉さんです
ここは金沢の郷土料理の治部煮が食べれます

1203474682.jpg


郷土料理って響きが好きです
その土地その土地で食べられてきたものを食す
旅行の楽しみの一つでもありますよね

1203474753.jpg


そのあとは生麩饅頭をお土産で買っていきたかったので麩饅頭で有名な宮田へ行きました

1203474810.jpg


これが生麩饅頭
京都にも生麩饅頭ありますよね
本当美味しいんですよね~
おちゃにはぴったり

1203474885.jpg


麩饅頭もゲットしたことだしあとは近江町市場でお買い物して
かわいいカフェ、コラボンで冷えきった体をホットチャイで温めてきましたよ

1203474949.jpg


チャイはラム酒入りにしました
チャイのラム酒入りすごく好きなんですよね~
コラボンは雑貨なんかも置いててすごくかわいいです
金沢にも素敵なカフェ発見!!って感じです

1203475008.jpg


時間もそろそろなくなってきました
今回の旅はすごく楽しかったなぁ

過去と現在と未来を全部楽しんだ感じ

そして旅のはじまりは何ではじまったか覚えてますか?
そうそう駅弁!

駅弁ではじまって駅弁で終える
これもひとつの醍醐味

そんなわけで購入したのが越前ちゅんちゅんかにめしです

何か糸ついてて引っ張ると7分くらいで熱々のかにめしになるんです

駅弁といえば冷えたの多いですけどこれは熱々
カニ味噌もついてて美味しかったですよ

幸せな脱力感が僕を包んでくれます
次は来月の沖縄日記をお楽しみに~

ってまだ行くんかい!って感じですか?笑




スポンサーサイト
1203390583.jpg


雪の降る中21世紀美術館へいってきましたよ
ここは建築家の妹島和世さんがデザインしたことでも有名ですよね

企画展、無料スペースともにとっても楽しめました
気がついたら3時間くらい美術館にいました

1203390606.jpg


1203390631.jpg



あっという間の3時間
5感にたくさん刺激をもらいました

個人的にはやっぱりジェームズタレルのタレルの部屋が好きです
雪が降っていたのでとっても幻想的な作品になってました

1203390652.jpg


1203390675.jpg



気候などで作品の雰囲気が変わるって面白いですよね
空を切り取るっていう視点も面白いし青空なら切り取ったようになって
曇りなら空が真っ白なキャンパスに見える
雪は立体的な作品となって僕たちに降り注ぐ

しんしんと降る雪が気持ちよくもあり
温まった頬には気持ちよくさえ感じた

1203390712.jpg


とってもいい美術館です
来てよかったな

他にもたくさん素敵な作品ありましたよ

最後に併設されてるカフェでお茶して帰りました

1203390731.jpg


次はいつこれるだろう?




1203302387.jpg


カメリアイン雪椿というホテルに泊まりました

けっこう昔からある小さなホテルでレトロなたたずまいがとってもかわいいです
蔵の中にあるラウンジがとっても雰囲気が良くてついつい長居したくなります

1203302428.jpg


1203302461.jpg


本もたくさん置いてあってゆっくりと時間を過ごしたい方にもオススメです
村上春樹やお酒の本色々気になる本がたくさんあったけど
本に時間を費やせるほどゆっくり旅でもなかったので今回はおあずけ

それとここのホテルは朝食がとっても美味しいです
加賀の野菜をたくさん使った朝食

1203302507.jpg


ごぼうのポタージュ、そば粉をつかったピザ、チリビーンズに加賀野菜のサラダ
お腹いっぱいになっちゃいます

ホテルのオーナーご夫婦もとっても穏やかな方で癒されます
雪化粧の庭を眺めながらの朝食が最高でした

1203302545.jpg


兼六園からも歩いていける距離なので便利ですよ
金沢行かれる際はぜひ泊まってみてくださいね~


2008.07.09 乙女寿司
1203221340.jpg


金沢といえばやっぱり新鮮な美味しいお魚でしょ!
前もって色々リサーチしてたんですけど結局は泊まった旅館の方に
オススメのお寿司屋さんを教えていただきました

2店舗くらい教えてくださったんですけど1店舗はすごく遠かったので
比較的近くにあるお寿司屋の「乙女寿司」へ行きました

ここは僕も実はピックアップしてたんですけどやっぱり地元の方から愛される
お寿司屋さんっていいですよね

観光化してるお寿司屋さんとかには行きたくないですからね~
探しに探しやっと見つけたときには雪が服やら頭やらに積もってました 笑

寒くて凍えそうになりながらお店に入ると心優しい店員さんがタオルくれました
予約してなくても何とか入れて一安心

メニューも値札表もなかったのでおまかせにしました

1203221431.jpg


さぁお楽しみのはじまり!一品目は「白子のすりつぶし」です
スープになっていてとっても香りが良く繊細
はじめからこんなに美味しいのだされたらたまらないですよね
テンションあがってきました

1203221497.jpg


2、3品目は甘エビとヒラメのにぎりです
何と言っていいんでしょうか?とにかく無言でにやけてしまうお味といいましょうか?
怪しさ満点な僕のにやつき顔想像してみてください 笑

1203221544.jpg


4,5品目はぶりとバイ貝のにぎり
ぶりは臭みもなくとろっとして美味しいしバイ貝はとっても香りが良く
磯の香りがして目を閉じて味覚だけに集中したくなっちゃいます
貝って美味しいなぁ~

1203221592.jpg


6,7品目はうにと近海で取れたトロのにぎり
トロもさることながらこのうに!!
うにといえば軍艦巻きなのに素でにぎってます
海苔の香りもないので純粋にうにに酔いしれました もう最高!!

1203221652.jpg


8,9品目はサヨリと鯵です
鮮度って大切なんだと感じずには入れないこのネタのよさ
サヨリってこんなに美味しいんだって思ったし鯵ってこんなに
臭みないんだって感心しちゃいましたよ

1203221972.jpg


10,11品目は鯛とキスのにぎり
ほんのりと混布の香りがする繊細なお味
いい仕事するなぁって職人を見ちゃいます
職人ってかっこいいです
お客様の食べるスピードとかそういうのチェックする視線がまたかっこいいんです

1203222954.jpg


ビール飲んでたんですけどやっぱり石川県といえば日本酒
しかもこんなに美味しいお寿司食べてるんだったら地酒飲まないわけには
いかないでしょう!って思ってこの日のオススメの日本酒があると聞いて
注文したのがこの清水酒造の能登誉 純米吟醸です
口当たりがまろやかでいてフルーティ ついつい飲みすぎちゃう感じですかね

1203223008.jpg


12品目はお口直し的な感じで出てきたお味噌汁
単純なお味噌汁なのにお味噌汁と言っていいのか?というくらいの
クオリティー 「はぁ~」と嬉しいため息がでちゃいますよ

1203223054.jpg


13.14品目は鰻と牡蠣の煮ひたしのにぎりです
この牡蠣何!!っていうくらい衝撃なうまさっ
生の牡蠣より数段に香りよく仕上がってます
煮ひたし恐るべしっ!おかわりしたい味でしたね

1203223113.jpg


15.16品目はガセ海老とサバのにぎりです
甘エビとはこれまたちがった歯ごたえのある海老
食感は伊勢海老とかににてるかも?サバも美味しかったなぁ

1203223154.jpg


〆は追加でかんぴょう巻きたのみました

お寿司屋さんで職人さんが通だなって思うお客様の最後のしめ方は
かんぴょう巻きでしめる食べ方らしいですよ

その店その店の個性が一番出やすい味なんですって
だから僕も通に見習ってかんぴょう巻きでしめたのです

大阪では絶対に食べれないクオリティーを体験できました
どこでもドアあればなぁってありもしないことを願ってしまうくらい
美味しいお寿司でした

幸せな一時をありがとう





2008.07.09 兼六園
1203126574.jpg


金沢についてまず向かったのがここ兼六園
兼六園と言えば日本三名園のひとつでも有名ですよね

すごく大きな庭園 
昔の方の美に対する姿勢と言うか感覚というか、とてもすばらしい
物を見せていただきました

途中兼六園内にある「時雨亭」でお抹茶と生菓子頂きました

1203126614.jpg


1203126641.jpg


1203126679.jpg


ここは歴代藩主の別荘を完全に復元した建物で、当時の
建物を再現しその雰囲気を味わいながら庭見てお茶とお菓子を
いただけるのです

とっても癒されました 生菓子もすごくきれいで美味しかったし
何よりも建物がきれいで計算されたつくりになっていて
庭を楽しむことができてスローライフな感じが良かったです

兼六園に行かれたらぜひとも立ち寄っていただきたいところですよね
日本の美の素敵なところを再認識しました

栗林公園とはまたちがう良さがあります
加賀百万石!やりますなぁ~

次はそろそろグルメ話でも・・・