2014.01.24 嫁の誕生日
1月24日は嫁の誕生日
お祝いもかねて前から行きたかった中崎町にあるフレンチ「リベルタス」へ足を運んできました

2014012401.jpg

オーナーシェフは中之島の有名店トゥールモンド出身です

今回は誕生日と言う事もあったので事前予約が必要なスペシャリテをお願いしました

初めてのお店はついつい期待も膨らみがちですが
前菜からガツンとやられるとても美味しい料理を堪能しました

2014012411.jpg

何と言ってもソースが絶品
ホームラン級の1皿です

2014012403.jpg

スモークされたサーモンに寄せられたソースもレモンのコンフィと
人参を使った2種のソース
これまたソースとサーモンの相性に
ふむふむとうなずいてしまう

2014012406.jpg

蕪を使ったスープも繊細で香り良く
あっという間に完食

2014012407.jpg

天然の鱈は素材を活かした調理法
ソースがこれまた2種で
下仁田ネギのソースと鱈のあらを使った濃厚なソース
素材の良さをソースが際立たせます
うまい〜〜

2014012402.jpg

お肉は黒毛和牛のイチボ肉
ソースは赤ワインのソースとごぼうのソース
もう言うまでもありません
幸せです

全皿味はしっかりですが濃いと言うよりはソースの芳醇さが際立つ感じ
素材を活かしてソースでしめる
そんなイメージ

どれもこれもとてもすばらしく終始笑顔になる

2014012408.jpg

2014012410.jpg

トンカ豆を使ったアイスも印象的でとても美味しかったし
何よりもサービスをするスタッフの心配りが何よりも心地よかった

気持ちのこもったサービスがちゃんとサービスにあらわれてる
誕生日のお祝いにここを選んで良かったと思いました

2014012405.jpg

嫁の笑顔も見れて良かったです

リべルタスかなりおすすめです

リベルタス



スポンサーサイト
先日お客様の紹介で家の近くにあるフレンチを食べに行きました
1度目は予約せずに行って満席で断られたので2度目は事前に予約しての訪問

2013111501.jpg


お店の名前はアニエルドール

シェフはフランスのリヨンで2年半の修行時に2004年のMOF(国家最優秀職人賞)に輝くジョセフ ヴィオラ氏の元で学び、次にジビエ料理で名高いマガリ エ マルタンに移り修行、最後はアルカンジュのシェフとして1年半務め上げたらしいです

最近ちょこちょこ雑誌にも載っています

この日はランチへ

ランチはコースで1500円
デザートを付けて2000円です

僕はデザート付きにしました

2013111502.jpg

前菜も主菜もチョイスできます

前菜は秋サバのマリネ 
主菜は真鱈、白菜カブラベーコンのブレゼ シードルソース



まずは前菜の前に出てきたのがこちら

2013111503.jpg

そして前菜へ



前菜をどちらか迷っているとお店の方が秋サバのマリネをお勧めしていただいたので
こちらにしました

2013111504.jpg

生のカリフラワーとカリフラワーのムース、サバとの相性がすごく良かったです
粉末にした生ハムも良いアクセントになっていました
秋サバにして正解だったかも

2013111505.jpg

メインは鮮魚 真鱈です
味のパンチは前菜の方があったけどこれもこれで美味しかったです

パンは大阪中央卸売市場にあるグランジュテさんのものでした

2013111506.jpg

デザートは栗とビスキュイ 赤ワインのソースです
モンブランに赤ワインにシナモンなどを利かせたソースが合います
アイスも栗のアイスでした
栗は秋を感じる大好きな食材です

この他にコーヒーと小菓子がついていてかなりコストパフォーマンスの良い内容になっています
家からもほど近いのでこれからお世話になる事でしょうね

アニエルドール


誕生日に嫁と2人で西天満にあるミシュラン1つ星のフレンチへ行ってきました
誕生日だったのでちょっとした贅沢ランチです

2013052401.jpg

まずはビール
嫁はガス入りのミネラルウォーターです

2013052402.jpg

2013052403.jpg

コース料理の前にシェフからおもてなしを気持ちを込めた料理が出ます

2013052404.jpg

濃厚なセロリのジュレと生の鯛をあえたもの
アンチョビが入ったシュー的なもの
後は何だっけかな?

濃厚なセロリのジュレが美味しかったです

2013052405.jpg

この料理もコースの内容にはない1品
1羽の鶏から2個くらいしかとれない部位を3個も使ったお料理
ウズラの卵を和えて頂きます

濃厚ですっごく美味しいです

2013052406.jpg

でこの日のメニューの登場です
コース料理のスタート!

箱作真蛸のポトフ ミナールです

蛸のポトフとか初めて食べましたし
目の前で仕上げてくれる演出がたまらなく食欲を刺激します

2013052408.jpg

2013052409.jpg

付け合わせには蛸のタルタルと蛸の頭のマリネが添えられます

2013052410.jpg

この蛸柔らかすぎ〜
おいしい〜

パンにつけるバターも海藻入りバター
ほんのり塩分がきいていて上品

2013052407.jpg

続いてのお皿は周参見ケンケン鰹とエンドウ豆のプラタニエール

2013052411.jpg

鰹も新鮮でブリブリしてるし
ハーブ使いが上品で香り高くかなり美味しいです
盛りつけも美意識あって素敵!

こんなの食べたら我慢出来なくなって赤ワインにシフト

2013052412.jpg

この次の1品が感動ものですごく面白いハーブを使っておられました
小松島ズッキーニとビゴール豚のピレレーヌ

2013052413.jpg

このお花のハーブはブーラッシュと言うちょっとかわったハーブで
食べるとなんと牡蠣の味がするんです!
ハーブなのに牡蠣!!
もう衝撃です

豚肉も美味しいし相性よかったですし赤ワインのチョイスも文句なしです!

続いてのお皿はポワソン ド マルシェ アーティチョークと大阪しろ菜のバリグールです

2013052415.jpg

お魚はスズキでした
お魚も鮮度が良いのか火加減はミディアムレア
食感もすばらしいがやはり香りがすごく生きてる
美味しいと何度言った事か

メイン料理はブルターニュ ホロホロ鶏 白アスパラとピラフアレキサンドラ

2013052416.jpg

ホロホロ鶏は胸肉ともも肉の2種類を盛りつけています
これまたハーブ使いが上手でタイムが程よくきいてぱくぱくいけちゃいます

2013052417.jpg

付け合わせのピラフは別皿で

表面かりかり中もっちり
お腹がいっぱいでも食べれちゃう美味しさ



デザートに行く前に食後のドリンクをきいてくれるんですが
「コーヒー、エスプレッソ、フレッシュハーブを使った自家製ハーブティーのどれにいたしますか?」と
フレッシュのハーブがどっさり詰まった籠を見せてくれます

2013052418.jpg


いつもならコーヒーかエスプレッソと答える所をこんなハーブを
生で見せられたら僕と嫁もついつい
「ハーブティーでお願いします」と答えてしまった 笑

デザートは2品と焼き菓子がついて計3品

2013052419.jpg

デザート1品目はカカオのイルフロタン
カカオのきいたムースにイチゴが入っています

2品目は リュバーブのタルト

このリュバーブという野菜のジャムを使ったタルトが絶品
甘酸っぱくてお腹いっぱいなのにすすむすすむ!

2013052421.jpg

誕生日だという事もあってお店の方が記念撮影までしてくれました

2013052420.jpg

そして最後のしめにこちら

2013052422.jpg

カヌレ、マカロン、ゼリー、メレンゲの焼き菓子
どれも幸せな気持ちになれる品々

感動をありがとう

ハーブティーも美味しかったですよ

2013052423.jpg

特別な日にでもいかがですか?

ユニッソンデクール



靭本町にあるスペインバスク料理エチョラにいってきました
とはいっても本当に行ったのは5月
ブログに書くの忘れてただけなんですけどね 

2012060601.jpg

きれいなお店で少し背筋がピンとなる感じです

ランチは2500円のコース

最初に出てきたのはアミューズ
ガスパチョとツブ貝

2012060602.jpg

ガスパチョもスプーンを使わずこのままぐいっと飲むようでスプーンくださいと言ったら
そのままぐいっと飲み干して下さいと言われました

次は前菜 
豚肉のテリーヌかサバのマリネのうちどちらかをチョイス
僕はテリーヌをチョイス

2012060603.jpg

テリーヌというよりはハムっぽい食感で不思議な感じ
初めて食べる感じかな?

続いて淡路産ハリイカのごはん

2012060604.jpg

ごはんというよりはリゾットですね
イカの濃厚なお味がして美味しかったです

メイン料理は北海道産牛ロースのグリルか明石鯛のソテーかをチョイス
魚が食べたい気分だったのでソテーにしました

2012060605.jpg

デザートも盛り合わせ!

2012060606.jpg

コーヒーも頂いて美味しいお昼ごはん頂けました

それにしてもスペイン料理って言ってもたくさんあるんだな
日本も郷土料理とか色々地方によって味が違うもんな

もっとたくさんいろんな食知りたいです
オススメのお店あったら教えて下さいね

エチョラ



先日嫁と2人で本町にあるミシュラン1つ星のレストラン ラシームに行ってきました

フレンチは堅苦しい雰囲気が嫌いとか緊張するとか言う声も色々耳にしますが
たまにはああいう雰囲気を体感して、感じる事も大切だと思います

接客レベル 料理の盛りつけ、質、空間
どれもが5感を心地よく刺激してくれます

お客様への距離感、話し方、気配り
どれをとってもプロだなと感じ感心します

おいしい料理をどうやって食べて頂くか?と言うプロセスをいつも考えてるんだろうな
プロ意識をすごく感じて参考にしたくなりますよね

ビール1つとっても注ぎ方やビールの温度に気配りを感じ感心
冷蔵庫で冷やしてはたしてあそこまでの温度になるのかどうかと思い考えさせられる
「もしかして氷で冷やしてるのかな?」とか「ビール用に冷蔵庫の温度を下げているのかな?」とかね
とにかくビール飲む時ののどごしで感じる温度が気持ちいいんですよ

色々と長くなりそうなのでまぁこの辺で…

料理のコースはこんな感じ

2012053001.jpg


2012053002.jpg

イカとタマネギ、トマトのティエル
お皿の盛りつけが美しくて心奪われました
ほうれん草を使ったソースも絶品だったし
このティエルなるものが詳しくどんな料理かはわからなかったけど激しく美味しかったです

2012053003.jpg

カヌレ風
一皿一皿のクオリティーがすごくて思わず笑顔になります
食材の合わせ方も斬新かつ繊細で楽しくなってきます

2012053004.jpg

バゲットも美味しいです

2012053005.jpg

鱈のコンフィ ソース デ ライユ
この料理も絶品でした
目の前でソースかけてくれる演出があったり魅せ方にもひとひねりあってわくわくします
口の中が喜びで満ちてました

2012053006.jpg

メインは子羊肉のロティ
2種類の調理法で違った味と食感の子羊が楽しめて良かったです
子羊大好きなので2種類出てきたのは嬉しかったです

2012053007.jpg

2012053008.jpg

デザートこれでもかって言うくらいのボリュームのある2種
楽しく美味しく背筋がしゃんとするそんなランチ

コーヒーと共に出された小菓子も言うまでもなく美味

2012053009.jpg

2012053010.jpg

楽しい時間はあっという間で素敵な余韻に浸りながらお店をあとにしました

決して安いお店ではないけどそれだけの価値はあると思います
ぜひ足運んでみてくださいね

ラシーム