2013.11.19 鮨 福萬
先日お客様のオススメのお寿司屋さんへ足運んできました

松屋町や谷町近辺にある「鮨 福萬」
かなり趣のある町にあるお寿司屋さんだけに
店内もすごく素敵で魅せる仕事を意識されているように感じました

内容はお造りや1品もありのお任せにしました

2013111901.jpg

単純に北新地や南でこの内容を提供するとこの価格では絶対に食べれないだろうなという内容になっています

2013111902.jpg

アワビも柔らかくて美味しいし、太刀魚も美味しかった
1つもお刺身も2種の食べ方で出してくれます

2013111903.jpg

握りは基本シャリ小さめなのでぱくぱくと色んな種類を頂ける
カワハギやサヨリもおいしかったけど鮭児(けいじ)がとろけて美味しかった

2013111904.jpg

漬けまぐろ とろ コハダ しめさば
どれも美味しく上品

2013111905.jpg

煮蛤、セコガニ,ウニ、いくら
この辺はマストですね
北海道産のうにがやばかったです

2013111906.jpg

穴子のとろけ方も申し分なし 
赤貝もコリコリしてて磯野香りがとても良かったです

2013111907.jpg

上シンコ巻きと玉子を頂いて
茶碗蒸しか赤出しを最後に選ばせてくれたんで茶碗蒸しをチョイス

これだけ満足させていただいて美味しい日本酒も頂けて最高の夜になりました
おいしいお寿司食べたくなったら足運んでくださいね

鮨 福萬


関連記事
スポンサーサイト
先日お客様の紹介で家の近くにあるフレンチを食べに行きました
1度目は予約せずに行って満席で断られたので2度目は事前に予約しての訪問

2013111501.jpg


お店の名前はアニエルドール

シェフはフランスのリヨンで2年半の修行時に2004年のMOF(国家最優秀職人賞)に輝くジョセフ ヴィオラ氏の元で学び、次にジビエ料理で名高いマガリ エ マルタンに移り修行、最後はアルカンジュのシェフとして1年半務め上げたらしいです

最近ちょこちょこ雑誌にも載っています

この日はランチへ

ランチはコースで1500円
デザートを付けて2000円です

僕はデザート付きにしました

2013111502.jpg

前菜も主菜もチョイスできます

前菜は秋サバのマリネ 
主菜は真鱈、白菜カブラベーコンのブレゼ シードルソース



まずは前菜の前に出てきたのがこちら

2013111503.jpg

そして前菜へ



前菜をどちらか迷っているとお店の方が秋サバのマリネをお勧めしていただいたので
こちらにしました

2013111504.jpg

生のカリフラワーとカリフラワーのムース、サバとの相性がすごく良かったです
粉末にした生ハムも良いアクセントになっていました
秋サバにして正解だったかも

2013111505.jpg

メインは鮮魚 真鱈です
味のパンチは前菜の方があったけどこれもこれで美味しかったです

パンは大阪中央卸売市場にあるグランジュテさんのものでした

2013111506.jpg

デザートは栗とビスキュイ 赤ワインのソースです
モンブランに赤ワインにシナモンなどを利かせたソースが合います
アイスも栗のアイスでした
栗は秋を感じる大好きな食材です

この他にコーヒーと小菓子がついていてかなりコストパフォーマンスの良い内容になっています
家からもほど近いのでこれからお世話になる事でしょうね

アニエルドール


関連記事
2013.11.14 カレー
何か料理となると最近はもっぱらカレー

鶏ガラから出汁とったり色々スパイスの奥深さにはまってます



自分で作ると好みのスパイス加減にできるのがいいですよね~

本当美味しいですよ
食べさせてあげたいくらいです
関連記事
2013.11.09 フィンラガン
アイラ島のウイスキーで少し珍しい謎のブランド、フィンラガンのシングルモルトが美味しいです

2013110801.jpg

アイラ島で作られているウイスキーには変わりないのですが
どこの蒸留所が作ってる原酒なのかがいっさい謎
公表されないんです

アイラ島のウイスキーなのは間違いないんですが
どこの原酒を買い付けてブレンドしてボトリングしてるかが謎

しかしアイラ独特のピート香最高です
ロックでもハイボールでもグッド

アイラ好きな方にはおすすめです

関連記事
2013.11.06 自転車の練習
誰もが経験するだろう自転車の補助輪を外した練習

補助輪付きから補助輪なしへのハードルは誰もが父親もしくは母親とともに乗り越えた
記憶に残る思いで深いエピソードである事は間違いないと思う

うちの家にもついにその時が来た
周りのお友達の子もちらほら自転車に補助輪なしで乗れる子が出てきてて
うちもそろそろかな?って思ってた所だった

約30年前、僕も父と一緒に練習した事を思い出した
「離したらあかんで!離したらあかんで!!」父にそう何度もお願いした記憶

例に漏れる事無く僕の息子も同じことを言う
「絶対はなさんとってや!絶対離したらいややで!」

昔の記憶とリンクし父の気持ちがわかり嬉しくなる

そんな気持ちが理解できポンと背中をおすように自転車から手を離す
「しっかり自転車こぐんやで!」
手は離しているがあくまで内緒



自転車から手を離された不安と自転車を乗りこなす自分への喜びの狭間を感じる息子を垣間見て
息子が少し大きくなったように見えた

嫁にも早速サプライズで息子の自転車を乗りこなす姿を見せたら感動していた
こういう些細な成長を感動出来る幸せ
親である喜びを感じる瞬間でもある

そして今日息子が寝室のドアにメッセージを挟んで寝ていた

2013110701.jpg


「りひとな またじてんしゃするで。」
この何気ない文章に嬉しくなってしまった

子供って本当かわいいなぁ



関連記事