息子がラーメンを食べたいと言い出したので西中島にあるラーメン屋さんの「ラーメン鱗」へ行ってきました。



塩ラーメンが有名で行ったので僕は塩ラーメン大盛り
息子は醤油派なので醤油らーめん大盛りと半チャーハンをオーダー。





塩は塩で美味しかったのですが息子の注文した醤油ラーメンがお好みで酢を入れて食べて下さいと教えて頂いたので
酢を入れてみるとすごく美味しくて、どちらかと言うと個人的には醤油の方が塩より好みでした。

濃口の甘みのある醤油味に酢が利いて何とも上品に仕上がる。

息子はチャーハンが美味しい美味しいと連呼してました。

西中島南方エリアはおいしいご飯屋さん多くて魅力的です。
次はあの店に行きたいな!

ラーメン鱗




関連記事
スポンサーサイト


9月20日(日)~25日(金)までの6日間少し遅めの夏休みを頂きます。

皆さんにはご迷惑おかけしますが、できましたらその期間は避けていただけると嬉しいです。よろしくお願いします。

どうしてもその期間内に髪の毛切りたい方はヴァンダンジュは通常営業しておりますのでお店までお問い合わせください。

代わりのスタイリストを紹介させていただきます。

6日間楽しみまーす。
また話聞いてくださいねー。

関連記事
大好きな時の葉で1日10食限定の冷やしワンタン麺を食べました。

本格飲茶のお店のワンタン麺だけあってワンタンがプリプリでレベルが違います。




スープも美味しくて紅たで入ってる麺は初体験で楽しい味でした。

パクチー香る冷やしワンタン麺。
10食限定なのでお早めにー。

時の葉



関連記事
2015.09.11 麺や 紡
4度目の正直で訪れたこちら麺や紡
すごーく気になっていたのでちょくちょく足を運んでいるんですが行列の行列であきらめる事3回。

4度目でやっと食べる事が出来ました。



淡成らーめんと熟成らーめんの2種あるんですが
あっさりが好きなので今回は淡成らーめん大盛り煮卵トッピングとメンマ丼をオーダー。



ラーメスープは無化調の鶏ガラベースの魚介醤油味。麺は平打ちの中細ストレート麺。具はバラ肉のチャーシュー,白髪ネギ,メンマ,ナルト,海苔を使用。

スープがとんでもなくおいしいし自家製の麺も激しく美味しい。
全てにおいて感動レベル。

ラーメン屋さんで2時間並ぶとか初めてだったけど
並ぶ価値はあると思います。

ラーメンで度肝抜かれるレベルってそうないので貴重なお店にランクインですね。

ブログの文章書いてる時点でもう食べたくなる、そういう味。

次は熟成らーめんも食べてみたいですね。

感動のラーメン食べたい方はぜひ足運んで下さいね。

期待を上回る事間違いないですよー。

麺や紡






関連記事
タイのバンコクで有名なカオマンガイの有名店ガイトーン。
ピンクのユニフォームが有名で別名ピンクカオマンガイと呼ばれています。

そんなカオマンガイの有名店が大阪へ上陸してきました!
待ちに待ったお店の上陸。

日本1号店は東京だっただけに早く大阪にも来てくれ〜と思っていたらなんと出来てました。笑

場所は大阪なんばウォーク。

2015090801.jpg

2015090802.jpg

2015090803.jpg

2015090804.jpg

日本という事もあって本場のガイトーンよりだいぶ清潔感のある仕上がりになってますが、
屋台っぽさを出そうとしてる感じは伝わります。

メニュー見ててテンションあがるのはパクチーとスープが飲み放題な点。

カオマンガイオーダーしてもスープはついてくるんですがここは骨入りスープ50円を追加でオーダー。
カオマンガイはハーフ&ハーフにしました。

2015090805.jpg

骨折りスープは骨に結構鶏肉がついていてこれで50円!と思わせてくれるほどボリューム大!
しかも50円なのにおかわり無料!!
骨についた肉をむしゃむしゃ食べながらコクのあるスープを頂きます。

2015090808.jpg

おかわり自由のパクチーを入れても美味しいです。

2015090806.jpg

カオマンガイは揚げてるの初めてです。

2015090807.jpg

こちらもパクチーと2種類のチリソースを絡めていただきます。

お皿とか日本を意識してか陶器になってますが、それはあえてメラミン食器で食べたかったな。
味は本場と同じとはいわなくも近い味にはなってて満足でした!

2015090809.jpg

これがバンコクのピンクカオマンガイで食べたカオマンガイです。

2015090810.jpg

店内のステンレスのテーブルとタイルは似てますよね。

カオマンガイ好きな方はぜひ足運んでくださいね〜。

ガイトーン なんばウォーク店


関連記事
2015.09.06 個々を高める
どこのお店で髪の毛を素敵にしてもらうか?それはそれで大切だとは思うけど

どこの店で素敵に?よりも、誰によって素敵に?が大切だと思う。だからこそお店にいる個々の人間性が問われるのだと思う。

やはり個々を高めないといけない。
個々の集合体が組織という名に変わるだけ。

自分自身と向き合って自分らしさやオリジナリティーを高めていかないといけない。

貴方と出会えて良かったと言われる存在を目指さなければならない。

お店(組織)に守ってもらうような人にはなってはいけない。

お店(組織)になくてはならない人材になってこそ誰からも必要とされるのだ。









関連記事



人を幸せにできる人。
必要とされる人。

そういう人はどんな考え方で仕事をするだろうか?

周りにいる人たちをどういう形で巻き込んでいくんだろうか?

最近よく語れる人になりなさいとスタッフに語りかけてるけど、語れる人になるにはまず考える人にならないといけない。

自分なりの考えがないと語ることは出来ない。

考える人は必然的に未来を考えるし、
シミュレーションできる。

未来を考える人は今の自分を知り、目標や目的を見出せる。

目的のある人生は豊かな目標を生むし、ぶれない考え方や美意識を手にすることができる。

目標や目的にに向かって進める人は自分自身の課題を見つけることができる。

課題を見つけれる人は、変化するための行動をすることができる。

変化すると良くも悪くも結果に出る。
結果に出るとまたそれを題材に検証して変化するための行動ができる。

日々そうやって自分自身を高め続ける事で能力が知らずに身につく。

そういった人が集まる組織はすごく強いし、パワーがある。

パワーがある場所には人が集まる。

人の輪が新たに出会いをうむ。
そうやって素敵な力が素敵な人を引き付ける。

ヴァンダンジュというお店をそういう場所にしたいと常に思っている。




関連記事
2015.09.02 本買いました
本買いました。




猪熊弦一郎さんの集めた物をスタイリストの岡尾美代子さんが選んで写真家のホンマタカシさんが撮った豪華本。

もう1冊は恐竜人間という写真と詩が一緒になった作品で画家の下田昌克さんがキャンパス生地で作った恐竜を写真家の藤代冥砂さんが撮ったものに谷川俊太郎さんが詩をつけています。

2冊ともオススメです。
ヴァンダンジュに置いてるのでぜひ手にとってご覧くださいね。



関連記事